温故知新の志委員会事業方針

温故知新の志委員会事業方針

一般社団法人 飯田青年会議所

南信州への新たなる飛翔室

温故知新の志委員会

委員長 池田 慎太郎

より質の高い学びを得られる基礎を築く

(一社)飯田青年会議所は、長年にわたり数多くの先輩方が、明るい豊かな社会の実現に向け活動に取り組んできました。これまでの歴史の中で、先輩方は、確固たる信念のもと、挑戦し続け多くを学び、この南信州で多大な功績を残していくことで信頼を築き上げました。しかしながら、現在、(一社)飯田青年会議所は、メンバーの減少、在籍年数の少ないメンバーの占める割合が増え、学びの本質が受け継がれにくい状況です。だからこそ、これからの組織として、メンバーが学びの本質に触れることが重要です。そのためには、メンバーが活動の意義を主体的に考えて行動できることが必要であると考えます。

そこで、本年度当委員会では、より質の高い学びを得られる基礎を築く活動を行います。まずは、組織として、受け継いでいくべきことや改善しなければいけないことを整理します。次に、一般社団法人とはどのような特徴を持つ組織であるかを学ぶことで、組織の構成を紐解き、現在の運営において不可欠な事項を検討し、現状に適した形を模索します。そして、(一社)飯田青年会議所において積み上げられてきた本来の学びの本質を再考した上で、より効果的なものとするために、改善案を作り上げます。その上で、より良い組織運営を個人個人が意識しやすい基礎を築き、これからの時代に適応した学びを得続けることのできる状態を整えます。また、活動の中で共有すべき情報を集約し活用しやすい枠組みを構築します。そうすることで、先輩方の知恵に学び、メンバー皆が作り上げる意識を持った組織へ変化します。これらを行うことにより、最大限の力をもって、このまちの発展を願い活動し、各メンバーが学びの本質を多く感じ、より活気と自信が溢れる魅力の高いJC活動になると確信致します。