New Traffic System委員会事業方針

New Traffic System委員会事業方針

一般社団法人飯田青年会議所

リニア時代研究室 

New Traffic System委員会

委員長 早川 大地

Let’s infuse with Minami Shinshu spirit!

2027年にリニア中央新幹線の開通、また三遠南信自動車道も近い将来開通が見込まれており、100年に一度のチャンスが、この南信州に到来します。我々(一社)飯田青年会議所は来るべき時に備え、60周年を迎える本年だからこそ、改めて南信州の未来を真剣に悩み、考え、そして切り開く時です。リニア中央新幹線の開通に向け、南信州では、リニア駅の予算策定やデザイン構想が進んでおり、また新交通網に付随し、アリーナ等の新施設、観光業や企業のグローバル化の検討も開始されています。斯様な状況下、各市町村や各企業・団体が其々成長するのではなく、南信州が一丸とならなければなりません。そして、このまちが飛躍的に発展する為に、あらゆる組織、産業を繋ぎ、物理的にヒトとモノ、またモノとモノをタイムリーかつ効率的に繋ぐ新交通システムの確立が必要です。

そこで当委員会では、南信州の新たな希望を、新交通網から見出します。先ずは、世界中で、日進月歩で開発が進む新交通網の基礎知識を養い、メンバーで新交通網について議論し、このまちに適した新交通網を模索します。次に、南信州のリーダーとして地域を繋ぎ発展させる為に、最先端の技術に触れ、新交通網への理解を深化し、メンバーの南信州のリーダーたる資質を高めます。その上で、新交通網を研究し、南信州に如何なる変革をもたらす事が出来るか検証し、輝く未来の為に、南信州に於ける新交通網の活用方法を、地域の方々と共に、提唱致します。これらにより、メンバーが南信州のリーダーとして地域を繋ぎ、南信州が一丸となれるような、新交通システムの確立の第一歩を踏み出すと確信致します。最終的には、世界と繋がり、世界に誇れる日本一輝くまちへの布石になると確信致します。