共創若者委員会事業方針

共創若者委員会事業方針

一般社団法人 飯田青年会議所
共に創る未来室
共創若者委員会
委員長 阿部 俊平

 

変化を活かし、未来を創造しよう!

 

飯田JCは58年に及ぶ長い歴史の中で、多くの仲間と活動し、このまちのリーダーとして使命を全うして参りました。今後の南信州にはリニア中央新幹線、三遠南信自動車道開通と大きな変化が待っています。しかし、この変化をただ漠然と受け入れることだけでは、自分達が思い描くまちづくりや経済発展において変化を活かしきれないと考えます。この変化を活かす為には、大人世代から若者世代までのすべての人が南信州を「我が物」とし、本気でこのまちの未来を考えなければなりません。その中でも、リニア時代にこのまちの力となる若者世代が変化を考え、共に明るい未来を創造して行く必要があると考えます。

そこで当委員会では、その時代の力となる若者世代と共に、リニア時代のこのまちの未来を創造します。まず、メンバーが現在の南信州の文化や経済を再認識し、リニア中央新幹線と三遠南信自動車道の開通がもたらす経済的、社会的発展の可能性を学びます。そして、リニア時代にこのまちの力となる若者達が今、抱いているこのまちの未来や希望など、率直な考えや想いを知り、その考えや想いを聞いた上でメンバーと自由に語り、交流します。その上で、若者達に学びから得たこのまちの可能性を伝え、若者達が南信州での暮らしを具体的に想像し、数ある明るい未来の選択肢の一つにしてもらいます。当委員会の活動がリニア中央新幹線、三遠南信自動車道開通がもたらす変化をより良い状態で受け入れる気持ちを整え、若者世代と共に創造することにより未来の南信州を「我が物」と考える人達が増える第一歩になると確信致します。

当委員会の活動を通して、若者達と生き生きと学び交流する姿が、このまちの発展を願う青年世代の行動力を刺激し会員拡大に繋がると考えます。