南信州OHANAの志委員会事業方針

南信州OHANAの志委員会事業方針

 

南信州の家室

南信州OHANAの志委員会

  委員長 勅使河原 由生妃

 

 

咲かせよう!OHANAの心

 

 人は皆、生まれながらに我が子や家族を慈しみ大切に思う心を持っています。親は我が子を何よりも大切に思い、与えることを惜しまず、自分の身を呈しても守ろうとします。その心で我が子だけではなく、他の子供達も同じ家族愛で育む想いがOHANAの心です。この心を持ち、行動する姿を南信州の大人達に示し、子供達の持つ素晴らしい個性と可能性を発揮できる環境を提供できるのが「南信州青少年育成プロジェクト」です。この組織が成長し、地域の運動へと歩みを進めていくためには、OHANAの心で組織と行政、企業、地域を繋ぎ、家族のような心で南信州の子供達を育んで行く事が必要だと考えます。
 そこで当委員会では、OHANAの心を拡げ「南信州青少年育成プロジェクト」の成長を促してまいります。まずは、プロジェクトメンバーが同じ方向へ向かって歩めるように、過去の事業から得た学びを活かし、組織の成長にとって良い習慣を定着させていきます。そして、行政が持つ地域の未来像と取り組みを理解し、組織と行政が持つ目的に共通する部分を見いだす機会を持つ事で、それぞれの立場を超え、共通の目的に向かって一丸となれるよう環境を整えます。組織が行政との関わりを深め、事業の理想像が明確になっていく事で、この組織が生み出す事業に新たな期待が生まれ、企業や地域の大人達の意欲的な関わりを生み出します。その結果、メンバー一人一人に、更なる喜びや感動が生まれ、南信州の子供達を育くむ活動に主体的に取り組んでいく事で、地域の運動へと発展する一助となると確信致します。